「自撮り棒は飛行機内に持ち込るか?」 林先生が驚く初耳学!





母の日スペシャル運賃 ニュージーランドへの直行便 2名以上の場合1名 58,000円から
旅行期間: 2018年5月13日 - 6月21日
販売終了 2018年4月9日
尚、大人1名で、2018年4月30日から7月31日に旅行される場合は、78,000円からの料金の様です。
母の日スペシャル運賃 ニュージーランドへの直行便 2名以上の場合1名 58,000円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月8日の「林先生が驚く初耳学!」で、「自撮り棒は飛行機内に持ち込るか?」 について説明がありました。

航空ジャーナリストの坪田敦史さんの話では、自撮り棒は、飛行機内に持ち込み可能で、野球のバットや、ゴルフクラブなど、長さ60cmを超えるものは、凶器とみなされて、持ち込みが不可となっているそうです。

凶器とみなされる長さの基準は、60cmという長さで、折りたたんで60cm未満になる物であれば、凶器とみなされずに、持ち込み可能となるそうですが、警棒や、護身用の棒は、凶器とみなされる場合があるとの事です。

海外旅行で後悔しない!海外旅行傷害保険付きクレジットカード8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です