ニュージーランドで駐車違反&スピード違反


このエントリーをはてなブックマークに追加

日本と違って駐車違反警察取り締まっているわけではありません。各シティーカウンシル(市役所の様なところ)が駐車違反を調べていて、それも歩合制の様なので、時間を超過したり、違法駐車したりしているとアットいう間にキップを切られます。私は、5分のところに、60分看板に何分まで駐車可能か書いてあります。)のところと間違って、駐車してしまい、15ドル支払いました。

parking time

スピード違反については、モーターウェイ(高速)では、オービスの様なものはあまりなく、警察がなどで車に乗りカメラを構えてスピード違反をチェックしています。

一般道では、もかなりの場所でオービスの様なスピード違反カメラが取り付けられています。以前は日本の様にオービスがもう直ぐあるとの看板がありましたが、今は取り外されていますので、全くどこにあるのかはわかりません。それも郵便ボックス又は鳥かごの様な中に入っているので、家庭の郵便ポストと見分けられない様な場所にあります。11キロオーバーだとこのカメラが作動しますので、50キロのところは、61キロ以内で走行した方がいいと思います。私は、11キロオーバーで、80ドル罰金でした。

これが、鳥かごの様なスピード違反カメラです。
old style speed check

そしてこれが、新しタイプのスピード違反カメラです。
new style speed check

尚、学校の近くでは、56キロ以上のスピードを出すとスピード違反になります。私は、56キロスピード違反カメラに取られて30ドル罰金を払いました。(後で調べてわかりました。)

スピード違反カメラで撮影された場合は、2週間後位レジストレーションをした住所に郵送違反キップが送られてきます。送られてきたら、小切手警察郵送するかWestpac Banking Corporation(銀行)で支払う必要があります。この支払いをしないで母国に帰る人が非常に多い様で、今後帰国時空港で徴収される様になるかもしれないとの事です。
 
もっと交通ルールの情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。

海外旅行で後悔しない!海外旅行傷害保険付きクレジットカード8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です