飛行機に乗ると「耳が痛くなる人」と「痛くならない人」の違い





母の日スペシャル運賃 ニュージーランドへの直行便 2名以上の場合1名 58,000円から
旅行期間: 2018年5月13日 - 6月21日
販売終了 2018年4月9日
尚、大人1名で、2018年4月30日から7月31日に旅行される場合は、78,000円からの料金の様です。
母の日スペシャル運賃 ニュージーランドへの直行便 2名以上の場合1名 58,000円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月29日のTBSテレビの「この差って何ですか?」で、飛行機に乗ると「耳が痛くなる人」と「痛くならない人」の差について、赤坂山王クリニック 院長の梅田悦生先生が説明されていました。

「耳が痛くなる人」と「痛くならない人」の差は、鼻が詰まっているか、いないかで、鼻が詰まると、耳が痛くなるそうです。

鼻が詰まっている人は、風邪や鼻炎などで鼻の奥の粘膜が腫れている状態で、飛行機が離陸して高度が上がると機内の気圧が下がるため、耳の中の鼓膜の奥が膨張し、鼓膜が圧迫され耳が痛くなります。

鼻が詰まっていない人は、自然に空気を鼻から出すことができるので痛みがありません。

対策は、耳が痛くなった時は、「温かいオシボリ」を鼻に当てると効果的です。又、お風呂に入ると、鼻がすっきりする様に、暖められた空気を鼻で吸うことにより、鼻から耳へ流れる空気が通りやすくなるそうです。

海外旅行で後悔しない!海外旅行傷害保険付きクレジットカード8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です