「ボーイング787は、加湿が可能」 林先生が驚く初耳学!

2017年1月22日の「林先生が驚く初耳学!」で、「ボーイング787は、加湿が可能」 について説明がありました。 ボーイング787以前の従来のアルミ製の機体には、水平方向の継ぎ目がありましたが、ボーイング787の胴体には、パーツ全体に継ぎ目がないそうで、これを可能にしたのは、日本が開発した、炭素繊維複合材で、鉄の10倍の強度を誇ります。 この炭素繊維複合材を、胴体の型に合わせて積層し、高温高圧で半日加熱すると、継ぎ目のない筒状ボディができるそうです。 継ぎ目がなくなったことで、胴体の強度が増し、窓の面積が... 続きを読む

ニュージーランド航空などの直行便について

ニュージーランド直行便を運行している航空会社 ニュージーランドへの直行便は、ニュージーランド航空(エアニュージーランド:Air NewZealand)と全日空(アナ:ANA)のみです。全日空(アナ:ANA)で予約しても共同運航便の為、国際線の飛行機は、 ニュージーランド航空(エアニュージーランド:AirNewZealand)になります。 観光シーズン時に直行便を利用すると非常に高くなります。例えば、通常会社員の人が休みになる年末の12月28日~1月4日あたりの直行便は、24万円位になります。尚、ホテルやモ... 続きを読む