「世界各国に住む日本人に観光依頼」 お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~

2017年7月20日の「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」で、「世界各国に住む日本人に観光依頼」 について説明がありました。 海外旅行で何より不自由を感じるのが、言葉の壁ですが、そんな時に頼れるサイトが、トラベロコだそうです。 トラベロコ | 海外在住日本人ガイド(ロコ)があなたの旅をお手伝いします。 世界各国に住む日本人が登録していて、自分と気の合う人を探してコンタクトを取ります。事前... 続きを読む

「トリッピース」 お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~

2017年7月20日の「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」で、「トリッピース」 について説明がありました。 サイト上で旅のアイデアを発案し、一緒に楽しむ仲間を募って、旅を実現するのが、トリッピーズで、若者ばかりではなく、参加者の4割は40代以上で、子育てを終えて、自分と共通の趣味を持つ仲間を探したいと言うニーズが増えてきているそうです。 海外だけでなく、国内の旅行も多い様です。そして、、... 続きを読む

「海外旅行で失敗しない為のテクニック」 土曜 あるある晩餐会

2017年7月8日の「土曜 あるある晩餐会」で、「海外旅行で失敗しない為のテクニック」 について説明がありました。 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサーの詩歩さんの「海外旅行で失敗しない為のテクニック」は、美しい絶景を見たければ、ガイドブックよりSNSの情報を信じた方が良いそうで、パンフレットなどに載っている写真は、選ばれた写真なので、10年に一度の奇跡の一瞬を撮った場合もあり、自分が... 続きを読む

「Google(グーグル)翻訳アプリ」 月曜から夜更かし 

2017年2月13日の「月曜から夜更かし」で、「Google(グーグル)翻訳アプリ」 について説明がありました。 Google(グーグル)翻訳アプリは、意味を知りたり英語にカメラをかざすだけで、一瞬で翻訳した文字が合成して見れます。 ニュージーランドに行って、メニュー等の意味がわからない英語がある場合には、非常に便利な最新翻訳アプリです。しかし、ニュージーランドの地名は、マオリ語が多いので、地名は... 続きを読む

「元オールブラックスのリッチー・マコウさん会える?」 世界ふしぎ発見

2016年12月17日の「世界ふしぎ発見」で、「ニュージーランドの土ホタル(グローワーム)」 について紹介がありました。 ニュージーランドは、ラグビー大国で、街のあちこちで市民がラグビーを楽しんでいますが、ミステリーハンターの大杉亜依里さんは、南島の中心地のクライストチャーチで、元ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)のリッチー・マコウさんに会っていました。 リッチー・マコウさんは、元ラ... 続きを読む

「輝くニュージーランドの満天の星」 世界ふしぎ発見

2016年12月17日の「世界ふしぎ発見」で、「輝くニュージーランドの満天の星」 について紹介がありました。 ミステリーハンターの大杉亜依里さんが、ニュージーランドで最も美しいとされる町がある南島のクイーンズタウンを訪れ、夜になるのを待って、ゴンドラで街の展望台に登り、満天の星を見ようとしましたが、残念ながらその日は、天候が悪く見えませんでした。 星空ツアーガイドのジェシー・ジョンストンさんの話で... 続きを読む

「ニュージーランドの土ホタル(グローワーム)」 世界ふしぎ発見

2016年12月17日の「世界ふしぎ発見」で、「ニュージーランドの土ホタル(グローワーム)」 について紹介がありました。 ミステリーハンターの大杉亜依里さんが、ニュージーランドの北島にあるロトルアに向かい、ここは、地熱活動が活発な人気の観光地で、その地熱活動が、近辺の不思議な地形を生み出しています。 そして、ウェットスーツにライト付きのヘルメットを付けて、向かった先は、地下の洞窟で、そこは、「ワイ... 続きを読む

羽田空港の山下書店の旅に人気の本をチェック 王様のブランチ

2016年8月6日の王様のブランチで、7月24~7月30日までの期間で、羽田空港の山下書店で売れた、「旅に人気の本をチェック 文芸書ランキングTOP10」が紹介されていました。 今年の夏休みは、本を持って旅に出よう!! 1位 コンビニ人間 著者:村田沙耶香 発売直後から重版決定!芥川賞受賞作 30万部突破 36歳独身の古倉恵子 コンビニでバイトを続ける事18年目、子供の頃から周囲と馴染めなかった恵... 続きを読む

薬を持って行く人は注意!!

2016年4月30日の「池上彰のニュースそうだったのか」で、薬を持ち込む事についての説明がありました。 薬を持ち込むとは、ドラッグではないかと疑われるケースも多い。また、日本で合法であっても、海外では未承認である可能性もある。薬を持ち込むときは、お医者さんで、英文の薬剤証明書を書いてもらうと良いそうです。 ... 続きを読む

ニュージーランドは、食料品の持ち込みがとっても厳しい国

2016年4月30日の「池上彰のニュースそうだったのか」で、食料品の持ち込みについての説明がありました。 オーストラリアやニュージーランドは、固有種を守るため、食料品の持ち込みが厳重。 もし、不正な申告をした場合、オーストラリアでは、約2万9千円の罰金、ひどい時には、10年の懲役に加え540万円以上の罰金の可能性もある。法律に違反した場合の罰金は、保険で対応はできない。 尚、サウジアラビアは、仕事... 続きを読む