ニュージーランドの出入国カードについて

ニュージーランドに入国するには、入国カードに記入する必要があります。これは、フライトアテンダントさんが、到着前に配りますので、必ずもらって下さい。もし寝てしまって、らえなかった場合も、後からお願いして下さい。 もし、なんらかの理由で受け取れなかった場合は、税関を通る前に、入国審査の紙が置かれていると思いますので、そこで、記入する必要があります。 ニュージーランドに出国するには、出国カードへの記入も... 続きを読む

ニュージーランドへ引越し

ニュージーランドに引っ越される場合に、まずは住む場所を探されると思います。 日本ですと、まずアパートを探すと思いますが、ニュージーランドではアパートは、シティーの中心部にしかありません。その為、家族で郊外に住む場合は、一軒家を探す必要があります。 不動産屋に行くと賃貸物件のリストがあります。一人で暮らす場合には、フラットと呼ばれる仕組みがあり、オーナーの家の一室を借りて、食事等は自分で作る仕組みが... 続きを読む

ニュージーランドの税関(持ち込み制限)

ニュージーランドの税関は、観光で来る場合には、それほど厳しくないと思います。オーストラリアに行った時は、観光でニュージーランドから行ったのですが、荷物全部確認されました。 しかし、何度も行き来している人や、一週間の滞在予定なのに、沢山の荷物を持ている人などは、かなり厳しくチェックされる場合もあります。 日本人では無いのであまり役に立たない情報ですが、コロンビアからの留学生は、何も怪しい物を持ってい... 続きを読む

機内持ち込みの液体物が100ml(g)以下の理由

機内持ち込みの液体物が100ml(g)以下の理由をテレビでやっていました。100ml(g)以上の液体だと、爆弾が作れるからだそうです。液体を小分けにするのは、面倒ですが、これを行わないと、持ち込めません。 液体物の持ち込みについて(国際線) | 成田国際空港セキュリティーガイド 安全な空の旅のためにお出かけ前にご確認を。飛行機に持ち込めないもの。:政府広報オンライン 航空:国際線の航空機客室内への... 続きを読む

「タンスにパスポートを保管しておくと、入国を拒否される可能性?」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!

2018年8月15日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「タンスにパスポートを保管しておくと、入国を拒否される可能性?」 について説明がありました。 海外旅行に行くのに必要なものは、パスポートですが、タンスにパスポートを保管しておくと、入国を拒否される可能性があるそうです。 外務省領事局旅券課長の鈴木誉里子さんによると、タンスの中に長期間パスポートを入れておくと、白く濁ってしまう可能性が... 続きを読む

「東急ハンズのバイヤーがお薦めする機内持ち込み可能なキャリーケース」 王様のブランチ

2018年8月4日の王様のブランチで、「東急ハンズのバイヤーがお薦めする機内持ち込み可能なキャリーケース」が紹介されていました。 東急ハンズ渋谷店で、東急ハンズのバイヤーで、スーツケースの伝道師の佐藤宏樹さんが、兄弟芸人ミキの昴生さんに、技ありの人気商品を紹介いました。 昴生さんのリクエストは、移動が多いので、丈夫で走行性の優れていて、飛行機の機内持ち込み可能なキャリーケースが欲しいという事で、佐... 続きを読む

「70カ国以上旅するトラベルライターが選ぶ便利なトラベルグッズ」 王様のブランチ

2017年12月16日の王様のブランチで、「70カ国以上旅するトラベルライターが選ぶ便利なトラベルグッズ」が紹介されていました。 便利なトラベルグッズを、紹介していたのが、トラベルライターの窪咲子さんで、これまで、世界一周旅行を含めて、70カ国以上旅をして、旅の記録を収めたご自身の本も執筆していて、世界中の美しい景色や、その国独自の雑貨を紹介して、多くの読者を魅了している旅ガールです。 「世界イケ... 続きを読む

英語に困ったら双方向の翻訳ができるポケトーク(POCKETALK) ワールドビジネスサテライト

2017年10月23日の「ワールドビジネスサテライト」で、英語に困ったら双方向の翻訳ができるポケトーク(POCKETALK)」の話題がありました。  50言語を翻訳できる手のひらサイズの翻訳”ポケトーク(POCKETALK)”が10月23日に発表されました。尚、2017年12月14日発売の様です。 操作はタップして話しかけるだけと非常に簡単です。10秒程度で翻訳ができるそうで、対応する言語は、英語... 続きを読む

「自撮り棒は飛行機内に持ち込るか?」 林先生が驚く初耳学!

2017年10月8日の「林先生が驚く初耳学!」で、「自撮り棒は飛行機内に持ち込るか?」 について説明がありました。 航空ジャーナリストの坪田敦史さんの話では、自撮り棒は、飛行機内に持ち込み可能で、野球のバットや、ゴルフクラブなど、長さ60cmを超えるものは、凶器とみなされて、持ち込みが不可となっているそうです。 凶器とみなされる長さの基準は、60cmという長さで、折りたたんで60cm未満になる物で... 続きを読む

「通常の大きさのマヨネーズは飛行機内に持ち込めない」 林先生が驚く初耳学!

2017年10月8日の「林先生が驚く初耳学!」で、「通常の大きさのマヨネーズは飛行機内に持ち込めない」 について説明がありました。 通常の大きさ(400g位)のマヨネーズは、飛行機に持ち込めないそうです。 航空ジャーナリストの坪田敦史さんの話では、飛行機に持ち込めない理由は、100ml以上の液体量は持ち込めない基準になっていて、これは、爆発物が作れるか作れないかの基準で決められているそうで、特定の... 続きを読む