「マヌカハニーが高価な理由」 ヒャッキン!


ニュージーランド航空券 11月19日までの特別運賃 89,000円から
東京・大阪発 オークランド行き、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
販売終了 2018年11月19日
旅行期間: 2018年11月1日 - 2019年4月23日出発
関西発直行便は、水、金、日 運航
エコノミー:89,000円から
プレミアム・エコノミー:183,000円から
ビジネス・プレミア: 268,000円から

ニュージーランド航空券 11月19日までの特別運賃 89,000円から

2018年7月24日の「ヒャッキン!〜世界で100円グッズ使ってみると?〜 」で、「マヌカハニーが高価な理由」 について説明がありました。

ニュージーランドではマヌカハニーというはハチミツが有名ですが、ニュージーランドのハチミツの年間消費量は、国民一人当たり世界1位だそうです。

マヌカハニーUMF20+は、250gで、279ドル(約2万1,500円)するそうで、高い理由は、マヌカハニー養蜂場のタイ・トケラウハニーのオーナーのロブさんによると、マヌカハニーが取れるマヌカの木は、主にニュージーランドや、オーストラリアの一部にしか生息していないそうで、その数少ない木からしか取れない為、貴重なハチミツとなっているとの事です。

更に、ニュージーランドの先住民のマオリ族では、昔から、マヌカハニーが、薬の代わりとして使っていたそうで、マヌカの木は、復活の木とも言われ、蜂蜜は、古くからの万能薬として、使われてきたそうです。

マヌカハニーの成分のメチルグリオキサールは、他の蜂蜜には入っていないそうで、現在の研究では、抗菌成分が入っていて、口内炎、ピロリ菌、ノロウイルスなどにも、有効だとされているとの事です。

マヌカハニーの濃度(低い方から、5+、10+、15+、20+と濃くなっていきます)が濃いほど、抗菌力が強いとされているので、濃度が高いほど高価になっています。

●アマゾン
マヌカハニー

●楽天
マヌカハニーの検索一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です