ニュージーランドで必要となる警察証明書(無犯罪証明書)


ニュージーランド航空券 夏の早期割引 89,000円から
成田・関西発 オークランド行き、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
尚、ウエリントン、クライストチャーチへの国内線追加運賃が無料
※関西 - オークランド 直行便は、2019年10月25日より水・金・日曜日 運航します。
販売終了 2019年7月16日
旅行期間: 2019年7月16日-2020年3月31日出発
エコノミー:89,000円から
プレミアム・エコノミー:184,000円から
ビジネス・プレミア: 289,000円から

ニュージーランド航空券 夏の早期割引 89,000円から

ビザによりますが、申請する時に、17才以上の方で、NZでの滞在が24ヶ月を超える方は、日本の警察証明書(無犯罪証明書)が必要となる場合があります。

この警察証明書は、無犯罪証明書、渡航証明書、犯罪経歴証明書など、言い方が違う場合がある様ですが、日本にいた時に犯罪を犯した事が無い事を証明する為のもので、2年以上学生ビザ、ワークビザ、永住ビザ取得の時などに必要となります。

無犯罪証明書は、大使館又は領事館に行って、申請用紙に記入して、全ての指紋を取ってもらい、申請しますが、ニュージーランドで申請した場合には、通常3ヶ月後に警察証明書は、発行されます。

日本で申請を出すと、1週間で受け取る事ができるそうです。注意する必要があるのが、本籍地を書く場所があり、自分の本籍地がどこかを事前に把握しておく必要があります。

これは、最寄の警察署で取れるみたいです。(詳細は、警察に連絡して確認してください。)

ニュージーランドで申請すると、3ヵ月位かかる事もありますので、事前に申請しておかないと大変な事になります。

なぜ3ヵ月もかかるかと言うと、どうも外務省のお役人さんが1ヵ月に一度(詳細不明)手持ちでニュージーランドから持って帰り、また日本からニュージーランドに持って来る様です。これは多分安全の為だと思いますが、ニュージーランドでは、荷物はなくなる事もあるので、持ち歩いた方が、ベストの様です。

通常、ビザの申請は、既存のビザが切れる1ヵ月前から申請しますので、ビザ申請時に無犯罪証明書が届いていない事が多いです。その場合は、大使館又は領事館から無犯罪証明書申請中の用紙がもらえますので、それをビザ申請書と一緒に提出します。

そして、後日、無犯罪証明書が届いた時点でイミグレーションに別途提出します。もし、この提出をしない場合には、次回のビザ申請の時に問題が発生する可能性がありますので、忘れずに提出した方がいいと思います。

Embassy of Japan in New Zealand

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です