ニュージーランドの英語ってどうなの?


私がニュージーランドに来る前に「ニュージーランドは英語のなまりが凄いので、英語をニュージーランドで勉強すると、発音が悪くなるんじゃない?」友達に言われました。確かにニュージーランドの英語にはなまりがあると思います。

日本でも東京、大阪、東北、九州などそれぞれの地域でなまりがある為、完全に理解できない事もあると思います。一つの国でも沢山の方言があり、理解できない言葉もあるのです。

それと同じで、英語といっても沢山の国で話されているので、それぞれの国毎にイントネーションは違います。

例えば、私の家のオーナーは、イギリス人です。夫婦ともイギリスの北の方から来たと言っていました。奥さんは、英語の先生をしているので、非常に綺麗な英語の発音ですが、旦那さんはかなり聞き取りずらい英語を使います。

それを考えると同じ場所に住んでいる人でも、それぞれの環境及び職場などにより、英語の発音は違ってくると思われます。更に、その旦那さんと一緒にニュージーランドのある会社に行った時に、私に「ここの店の人は何を言っているかわからなかった」と言っていました。つまり、英語の達人同士が話してもわからない事があるのです。

したがって、英語をどこかの国のどこかの地方で勉強をすると、少なからず、方言になってしまうのです。

クイーンイングリッシュと言われる、綺麗な英語を話す人は非常に限られていると思いますので、私はどこで英語を学んでも同じだと思っています。

但し、日本人が習っているのは、アメリカの英語でニュージーランドはイギリスの英語を学びます。この二つの違いは、単語とスペルが違う場合があります。

しかし、ニュージーランドでは、アメリカで大ヒットしたテレビ番組をほとんど見る事ができるので、アメリカの英語も最近は混ざっていると思います。ニュージーランド独自の番組はあまりありません。

英語が話せる事が重要で、どこの方言になるかは、それほど問題にはならないのでは、ないでしょうか。

尚、語学学校の先生は、比較的キレイな発音の英語を話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です