ニュージーランドの駐車場について


オールブラックス来日記念セール 99,000円から
成田・関西発 オークランド行き、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
販売終了 2019年11月4日
旅行期間: 2019年10月1日 - 2020年4月5日出発
エコノミー:99,000円から
プレミアム・エコノミー:194,000円から
ビジネス・プレミア: 299,000円から

オールブラックス来日記念セール 99,000円から

ニュージーランドの駐車場は、オークランドのシティー以外は駐車料金はほとんどいりません。60分までや120分まで無料で止められるところが多いです。

駐車料金は、駐車するスペースの近くコインを入れるマシン(四角いボックスです)がありますので、そこに自分が停めたい時間分コインを入れます。(お札は使えません)10セントから使えますので、小銭を無くすには便利です。(海外にいるとなかなか小銭を出せる機会がありません。なぜならば、とっさに計算しなければならない為です。)

最近は、登録すれば、スマホでも支払える様になっています。
Paying for parking

お金を入れた後、OKボタン(多分)を押すと、時間が書かれた紙が出てきます。その文面に何時まで停められるか時間が出てきますので、その時間までに車を動かせば罰金は取られません。

その紙は、歩道側のボンネットの上に置いておきましょう。ニュージーランドでは、シティカウンシル(市役所)の人が違法駐車がないか見回っています。

ただ、時々レシートが出ない場合や、印字されずに、レシートが真っ白な場合もあり、その場合は、電話をして、支払ったけれども、レシートが出ない事や、印字されなかった事を伝えなければならないのですが、日本人は、英語の問題もあるので、近くの別のマシンで、再度支払うか、または、同じ料金のマシンが無い場合には、別の場所に止めなければならない事になってしまう事もあると思います。

駐車を取り締まる人は、歩合制があるみたいで、駐車違反した場合は、直ぐにきますので注意が必要がです。その人達は、日本の水道屋さんの様な四角いメーターを持って車を見ていますので、直ぐにわかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です