入国カードがある国とない国の差は?



ニュージーランド航空券 ニュージーランド3都市国内線が無料!89,000円から
日本-ニュージーランド、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
出発地:成田、羽田、関西
目的地:オークランド及びウエリントン、クライストチャーチ、ダニーデンへの国内線が無料
販売終了:2018年9月10日(月)23:59
旅行期間: 2018年9月1日 - 2019年3月31日
エコノミー:89,000円から
プレミアム・エコノミー:183,000円から
ビジネス・プレミア:288,000円から

ニュージーランド航空券 ニュージーランド3都市国内線が無料! 89,000円から

2016年4月30日の「池上彰のニュースそうだったのか」で、入国カードについての説明がありました。

パスポートの自動読取機が導入されているかいないかにより、入国カードがある国とない国があるのではないかと言われている。
入国管理官がの自動読取機にかけて、本人かどうか確認する、最近パスポートには、厚い板の様なものが入っていて、そこには、ICチップが入っていて、自動読取機にかざすと、電子化された顔写真などが入っているので、その本人の顔写真と、二枚目に貼ってある顔写真が同じかどうかを比べて確認しているので、この様な場合には、入国カードを書く必要がない国が多い。

更にパスポートには、ブラックライトを当てる事により、偽造防止のホログラムが浮かび上がる事も、も偽造防止の手段のひとつとなっている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です