日本からニュージーランドに荷物を送る方法


ニュージーランド航空 期間限定セール - オークランド行き 89,000円から
成田・関西発 オークランド行き、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
販売終了 2019年12月16日
旅行期間: 2019年12月16日 - 2020年7月15日
エコノミー:89,000円から
プレミアム・エコノミー:194,000円から
ビジネス・プレミア: 299,000円から

ニュージーランド航空 期間限定セール - オークランド行き 89,000円から

私は、一時帰国した時には、いつも日本を立つ前に日本から、お金をセーブする為に、日本郵便(郵便局)の船便を使って、ニュージーランドに荷物を送っていました。

船便の場合1~3ヶ月かかるとサイトには記載されていて、実際に、1ヶ月で到着した事も、2ヶ月位かかった事もあります。たぶん、これは、発送時期によるものだと思います。

日本郵便(郵便局)で小包を送るには、4通りの方法があります。EMS(国際スピード郵便)、航空便、エコノミー航空(SAL))便、船便です。

EMS(国際スピード郵便)は、2~4日程度、航空便は、3~6日程度、エコノミー航空(SAL))便6~13日程度、船便は、1~3ヶ月程度かかる様です。

詳細は、国際郵便発送方法の比較をご参照下さい。

例えば、荷物全体で20kgの小包を、千葉県からニュージーランドに送る場合、EMS(国際スピード郵便)の場合は、25,500円で4日で到着予定、航空便の場合は、27,150円で6日で到着予定、エコノミー航空(SAL)便の場合は、19,550円で2週間前後で到着予定、船便の場合は、10,250円で2~3ヵ月で到着予定となります。

下記のサイトから、送料を確認する事が可能です。
料金・日数を調べる – 日本郵便

日本郵便で荷物を送る場合は、ダンボールに荷物を詰めてから郵便局に連絡を入れます。荷物をニュージーランドに送りたいと言えば、取りに来てくれると思います。その為、郵便局に持っていく必要はありません。

その時に、郵便局の人が、量りと、宛名ラベルを持ってきてくれますので、簡単に送る事が可能です。尚、送るダンボールが無い場合は、ダンボールも販売されていますので、電話で、大きさを伝えてダンボールも購入したい事を伝えれば、全て郵便局員の人が持ってきてくれます。

また次回送る事がある場合には、ラベルと記入例をもらっておくといいでしょう。

荷物を送るには、ラベルに内容物も記載する必要があります。ニュージーランドは英語圏なので、日本語の商品を英語で記述する必要があります。

その場合は、内容品の英語訳のページに訳がありますので、そちらを見ながら記入するといいと思います。

郵便局の人も英語訳のサンプルの紙を持ってきてくれますので、それを見てもいいと思います。

ラベル当の記入につきましては、国際郵便ーご利用方法をご参照下さい。

ニュージーランドに小包を送る場合は、国際郵便ー荷物・小包を送るを順番に行えば問題なく送れると思います。

ニュージーランドへ送っていけない物のリスト及びダンボール等の大きさは、ニュージーランド配達条件のページを見て下さい。

ニュージーランドの郵便局は、家に誰もいない場合は、荷物をそのまま玄関に置いて行きます。その為、軒先などが無い場合は、ダンボールが濡れてしまいます。多少の雨なら大丈夫だと思いますが、濡れて困る本などは、ビニールに入れて送った方がいいかもしれません。

荷物がいつ届くのか気にかかるところだと思いますが、EMS配達状況の確認のページにラベルの番号を入れる場所がありますので、そこに入力すると配達状況を把握する事ができます。

その為、荷物を送った時のラベル又はラベル番号は必ず確認しておいた方がいいと思います。EMS以外の小包等もここで検索できると思います。

国際小包の場合には、小包ラベルの記入方法のページの一番上にあるCCから始まりJPで終わる13桁の数字を覚えておけば大丈夫です。

尚、配達された時にEメールを受け取る事が可能です。その方法については、インターネットによる配達完了電子メール通知サービスについてをご参照下さい。私の場合は、荷物が届いた日の夕方にメールが届きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です