ニュージーランドでのガソリンの入れ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランドでレンタカーを使われる方も多いと思いますので、ガソリンの入れ方について説明します。

ニュージーランドはほとんどがセルフサービスです。待っていても誰も出てきてくれませんし、店員がいても何もしてくれません。たまに、地方などでは、ガソリン入れてくれる場合があります。これは、別にサービス料お金を取られるわけではないので、入れてもらって大丈夫です。

アメリカなどでは、料金を初めに支払ってから入れるところも多いと思いますが、ニュージーランド後払いです。後払いの為、入れ逃げする人も多い様です。夜は、逃げる人が多いためか先払いにしているところも多いです。先日私も入れ逃げする人を見ました。通常のガソリンは、91と書いてあるのを入れます。これがれレギラーガソリンです。

尚、Out of orderと書かれているところは、使用できません
入れ方は、
1.ガソリンを入れるノブを持ち上げると、メーターがゼロになります。
2.ガソリンマシンに向かって右側の方に、金額又はFill(満タン)を入れます。
3.ガソリンを入れるノブ給油口に入れます。ハンドルを握り締めと、ガソリンが入っていきます。
4.指定した数値までガソリンが入ったら止まりますガソリンのキャップを閉め忘れない様にしましょう!!
5.ガソリンを入れたタンクに番号が書いてありますので、その番号を言うと自分の入れた分の金額を言われますので、支払いをすれば終了です。

海外旅行で後悔しない!海外旅行傷害保険付きクレジットカード8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です