「着陸の”ドスン”はパイロットの高度なワザ?」 林先生が驚く初耳学!


2017年12月3日の「林先生が驚く初耳学!」で、「着陸の”ドスン”はパイロットの高度なワザ?」 について説明がありました。

飛行機の着陸の”ドスン”はパイロットの高度なワザだそうで、静かにフワッと着陸すると、乗っている人は快適ですがが、路面が、もし湿ってて、水が車輪に絡まると、“ハイドロプレーニング現象”で滑ってしまうので、その現象が起きないように、ドスンと着陸する事が、パイロットの高度なワザだそうです。

尚、雨が降っていなくても、追い風や向かい風の場合は、安全のために、わざとドスン着陸して、機体を確実に接地させた方が、安全に停止するまでの距離を、短くすることができるそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です