「飛行機が店舗になっているマクドナルドタウポ店 in ニュージーランド」 ヒャッキン!


ニュージーランド航空券 11月19日までの特別運賃 89,000円から
東京・大阪発 オークランド行き、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
販売終了 2018年11月19日
旅行期間: 2018年11月1日 - 2019年4月23日出発
関西発直行便は、水、金、日 運航
エコノミー:89,000円から
プレミアム・エコノミー:183,000円から
ビジネス・プレミア: 268,000円から

ニュージーランド航空券 11月19日までの特別運賃 89,000円から

2018年7月24日の「ヒャッキン!〜世界で100円グッズ使ってみると?〜 」で、「飛行機が店舗になっているマクドナルドタウポ店 in ニュージーランド」 について説明がありました。

ニュージーランドには、飛行機が店舗になっているマクドナルドがあり、このマクドナルドタウポ店は、アメリカのメディアで、世界で一番カッコいいマクドナルドに選ばれたそうで、世界で、オンリーワンの店の様です。

マクドナルドタウポ店の店内に入るには、飛行機と同様に、タラップを登ります。中に入ると、客席があり、店舗の奥には操縦席がありますが、操縦席には、通常は入れないそうです。

この飛行機は、実際に34年前まで飛んでいた飛行機です。

ビックマックの単品は、日本では390円ですが、ニュージーランドでは、約490円(6.40ドル 1NZドル=約77円の計算)だそうで、100円高くなってしまいます。それだけ、日本の物価が安くなっている証拠だと思います。

また店舗には、ニュージーランド限定の「キウイバーガー約650円」というメニューがありますが、キウイは入っていないそうで、ビーツが入っているそうです。

ビーツは、カリウム、ナトリウムなどが豊富で、栄養価の高いスーパーフードで、このビーツをピクルス代わりに使っているのが、キウイバーガーの特長で、ニュージーランドは、ビーツの世界的生産地で、日本で言うと、大根の様に親しまれている野菜です。

テーブルビート – Wikipedia

キウイが入っていないのに、キウイバーガーと呼ばれるのは、キウイと言う言葉が指すのは、果物のキウイではなく、ニュージーランドの国鳥のキウイバードで、キウイフルーツの名前も、このキウイバードの特長が由来とされていて、キウイバードの名前の由来は、キューウィと鳴くからだそうです。

キーウィ (鳥) – Wikipedia

McDonald Taupo

McDonald (タウポ) の口コミ174件 – トリップアドバイザー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です