「タンスにパスポートを保管しておくと、入国を拒否される可能性?」 ソレダメ!あなたの常識は非常識!



ニュージーランド航空券 新緑が眩しい、10月・11月のニュージーランド 89,000円から
東京・大阪発 オークランド行き、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
販売終了 2018年9月25日(火)
旅行期間: 2018年10月5日 - 12月13日出発
関西発直行便は2018年10月26日(金)より、水、金、日、運航
エコノミー:89,000円から
プレミアム・エコノミー:189,000円から

ニュージーランド航空券 新緑が眩しい、10月・11月のニュージーランド 89,000円から

2018年8月15日の「ソレダメ!?あなたの常識は非常識!?」で、「タンスにパスポートを保管しておくと、入国を拒否される可能性?」 について説明がありました。

海外旅行に行くのに必要なものは、パスポートですが、タンスにパスポートを保管しておくと、入国を拒否される可能性があるそうです。

外務省領事局旅券課長の鈴木誉里子さんによると、タンスの中に長期間パスポートを入れておくと、白く濁ってしまう可能性があるそうで、タンスの中に入っている防虫剤が危険だそうです。

防虫剤には、パラジクロルベンゼンと言う成分が含まれているものがあり、この成分が、パスポートのラミネート部分を、白く変色させてしまう可能性があるとの事です。

タンスの中に長期間パスポートを、防虫剤と一緒に入れておくと、写真や、名前が書かれたページが白く変色してしまって、見にくくなる事がある様で、最悪の場合には、出入国できなくなる可能性もある様です。

防虫剤を入れているタンスであれば、別の引き出しに入れても、白く変色してしまう事があるそうで、外務省では公式ツイッターでも警告をしているとの事です。

更に、タンス以外にも電子レンジや、テレビの近くで保存する事も良くないそうで、パスポートのICチップが、電子レンジや、テレビの磁気の影響で、使えなくなる可能性があるそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です