なぜ免税店は税金がかからないのか?



ニュージーランド航空券 ニュージーランド3都市国内線が無料!89,000円から
日本-ニュージーランド、大人1名 /往復/燃油・諸税込み総額
出発地:成田、羽田、関西
目的地:オークランド及びウエリントン、クライストチャーチ、ダニーデンへの国内線が無料
販売終了:2018年9月10日(月)23:59
旅行期間: 2018年9月1日 - 2019年3月31日
エコノミー:89,000円から
プレミアム・エコノミー:183,000円から
ビジネス・プレミア:288,000円から

ニュージーランド航空券 ニュージーランド3都市国内線が無料! 89,000円から

2016年4月30日の「池上彰のニュースそうだったのか」で、免税店の仕組みについての説明がありました。

日本国内では、外国製品に関しては、関税がかかり、更に消費税もかかるが、出国審査をする時までは、日本国内であるが、
出国審査をした途端国外(どこの国でもない)の扱いとなるため、その国の関税や消費税がかからなくなる。それが、DUTY FREEと呼ばれる。

家電量販店などの免税の場合は、外国人旅行者向けに消費税を免除するもので、パスポートを見せる必要がある。
尚、DUTY FREEは、関税、消費税が免除という意味で、TAX FREEは消費税の免除を指す。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です